セーブマネーボックス

初心者でも簡単にできる資産運用の始め方を伝授

  1. ホーム
  2. 貯蓄から投資へ

貯蓄から投資へ

財布

いかに資産を増やすか

貯蓄から投資へという言葉が言われるようになってからかなりの時間が経過していますが、投資の始め方が分からない人も多く、今でも個人金融資産の過半は預金に眠っている状況が続いています。もっとも、投資を促す制度改正は着実に進んでおり、NISAやiDecoなどうまく使えば大きな税制メリットが得られる方法が数多くできています。そこで、以下では資産運用の始め方について触れてみたいと思います。まず、一口に資産運用といっても投資対象を何にするかで始め方が変わってきます。つまり、投資信託であれば銀行や郵便局で購入することが可能である一方で、株式については証券会社でしか取引することができません。この点、資産運用の初心者向けの商品としてお勧めしやすいのは投資信託です。投資信託とは複数の投資家から集めた金銭を運用会社が一つのファンドとして運用するもので、商品によって運用手法が異なるのですが、長期的な視点に立って資産運用を行う場合には日経平均などの特定の指数に価格が連動するインデックス型と呼ばれるものが使い勝手がよいと考えられます。始め方ですが、前述のとおり投資信託は証券会社だけでなく銀行や郵便局などでも取引することが可能ですので、購入したい商品を取り扱っている金融機関に口座を開くことが第一歩となります。ここで留意すべき点としては、金融機関によって販売手数料が異なるケースがあるため、同じ商品が複数の会社で販売されている場合にはもっとも安いところを選ぶのがよいでしょう。